2014年03月17日

アメリカ ロックを聴きながらバッティング練習

アメリカに引っ越し、まずはチームを探しました。

トヨタの車を買った時に、その販売会社のオーナーがスポンサーになっているチームを教えてもらいました。

そのオーナーは、超お金持ち。

孫の為にチームを作り、バッティングが出来る屋内練習場を作り、YMCAの設備も寄付して作ってしまったという寛大なお金持ちです。

さっそく、アプローチ。

残念なことに、毎年トライアウトが8月にあり、今年はもう終わってしまったようです。

それでも、そのチームのコーチが来年の為にちょっと練習に一度来てみないかと誘ってくれました。


屋内のバッティング場で、ロックを聴きながら皆バッティングをしていました。

わあ、ホッカイロがいらないのですね!!

2時間3人でマシーンを使ってひたすらバッティング。

なんて効率がいいのでしょう。

しかも、後で分かったのですが、Tの練習を見てくれたコーチはヤンキースのマイナーの人でした。


その人はその後自分のバティングの練習をしていたのですが

なんて上手なんだろうと思ったんですね。

そしてとても気さくな人で色々話もした時に上手ですね、なんて言わなくて本当に良かった


上手いに決まってますよね。プロなんですから。


とても刺激的な環境です。

プロの打撃練習を隣で見ることが出来るなんて!!



シニアを卒団した長男がいいました。

シニアの一ヶ月分のバッティングを一日で出来たような気がする。。。


そうです。シニアは走り込みや筋肉トレーニングが冬場は多く、外は寒いので、ほとんどバッティングの練習がなかったのですから。

設備が揃っているチームは魅力です。

是非,8月のトライアウトを受けて入部したいと子供達は言いました。


posted by エース at 08:32| Comment(0) | アメリカのチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。