2014年07月08日

ほかの子供の応援もしたら、もっと素敵

週末のトーナメントで勝ち上がり,日曜日はチャンピオンシップでした。

残念ながら,守備がぼろぼろ。

8個のエラーで,自滅しました。

相手側のチームが何とカナダから参加。

日本人が二人もいました。

アメリかにきて,日本人のプレーヤーをみるなんて、とても嬉しく思いました。

でも、そのうちの一人の男の子のお母さんでしょうか?

その男の子がシングルをうって,一塁に行くとそのこの名前を何度も呼んで応援していました。

確かに我が子が塁に出ると嬉しいですよね、と微笑しく思っていたのですが


そのチームのほかの子供がバッターボックスにいても、その応援はしないようで、我が子が盗塁をするのを期待していたようです。

そして、バッターボックスの子供がホアボールになって一塁に行った際もまだ、2塁に進んだ自分の子供の名前を呼んで応援していました。


自分の子供の応援で忙しいようでしたが、チームのほかの子供も同じように応援したら,もっと素敵なのになあと感じてしまったのです。



posted by エース at 01:43| Comment(0) | 次男のチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。