2015年08月11日

ベンチに座る子供の親の態度

次男のチームのシーズンが終わったのですが、先日次男の前の野球チームから助っ人としての参加を依頼され、はりきっていきました。

試合が始まり、応援していると一人のお母さんがひっきりなしに話しているのに気がつきました。

「私の家は5つのベットルームに、5つのバスルームがあってとても大きいの。
なのでメイドを雇っているのだけど、そのメイドがペーパータオルをものすごく使うのよね。
そしてある日、ストックしていたペーパータオルを盗んでいたことに気がついたわ」。

なんだかおかしいですよね。
神田うのさんは総額3000万くらいのバックや宝石を盗まれても直ぐに気がつかなかったすごいお金持ちの感覚。
この人はペーパータオル。。

お金持ち?
なんでしょうけど野球の応援の場所で誰もあなたの家のペーパータオルが盗まれた話なんて聞きたくないのに、大きな声なので結構苦痛でした。


そして次にダイエットの話をはじめ、
「チキンにヨーグルトになんとかなんとかを食べないといけないのよ。何週間も。
こんな食生活をしなくてはいけないのなら、このまま太った私で良いわ」。

これも大声でした。
一応自分が太っていることを自覚しているのは可愛い限りです。


そしていきなり怒り出します。

「なんで私の子供が5イニングもベンチに座っていなければいけないのよ。あったまくるわ。このコーチ、なんでシーズン終わりの試合で私の子供がベンチなのよ」


これは間接的に助っ人の次男がベンチではなく試合に出続けていたことを怒っているのでしょう。
ひえ〜と思った私。

コーチの奥さんも近くにいるのに本当に思ったことをすぐ口に出すアメリカ人。。。


日本人は、大抵こういう場合黙って後から陰で文句を言うのですが。。
まあこちらの方が言いとはいいませんが、、。


コーチの奥さんがここで.
「私が謝るわ。コーチの判断がきにくわないのね!」
とげのあるいい方でした。

すると「あなたが決めたことではないのだから、あなたには関係無いわ。あなたに怒っているのではないの。コーチに怒っているの」

コーチの奥さん
「私はコーチの妻なの。だから彼のことを悪く言われるのは気分が悪いわ」

いっきに緊迫した雰囲気になりました。
子供の野球どころではありません。

こっちの方が面白い大変です。


当然ですよねえ。
誰だって,自分の伴侶の悪口を目の前でされたら不愉快ですよね。
それが分からない人ッてちょっと??ですよねえ。

すると他のお母さんが
「気にしないで。S(コーチの奥さん)私達はいつだってコーチの判断を尊重するし、コーチもあなたのことも大好きよ」

そしてさらに他のお母さんD
「高校野球になったらもっと厳しくなるのよ。この年齢でベンチになったら、高校に行ったらもっと長くベンチに座ることも覚悟していると良いわ」


これって、凄い発言ですよね

ちっとも慰めになっていないじゃないの?!


実はこのお母さんDの息子は高校で長男次男と同じチームでしたが、シーズンの初めは何時も出ていたのですがケガが治ったシニアの選手が復帰するとその後ずっとベンチになってしまいました。
でも一回も文句を言わず
すべての試合の応援に来ていた素晴らしいお母さんです。

周りの方が気を使ったくらいです。


おかしいことに誰一人,この言いたい放題のお母さんの見方になる人がいませんでした。


そして次の日分かったことが、実はベンチに座った息子は自分からベンチを志願したことが判明。

膝が痛かったから。


ああ、このお母さん、穴があったら入りたいでしょう。

さぞ恥ずかしい気持でいるでしょうね。


次の日?
来ませんでした。


コーチの奥さんも試合の後、悔しくてコーチの前で泣いたそうです。
そして次の日には来ませんでした。


それにしてもアメリカの女性ははっきり言いたいことを言いますよね。



私??この嵐のような発言が飛び散る中、ただただ驚きながら聞いていました。

発言?

恐ろしくて出来ませんでした。

助っ人で来ている身分でしたから。。。。

ランキングに参加しています.押してくださると嬉しいです
バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)るんるん

野球 ブログランキングへ


posted by エース at 05:40| Comment(0) | 次男のチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。