2015年09月12日

スタンフォードから連絡!大学奨学金9月1日は大事な日


スタンフォードと言えば、東のハーバード、西のスタンフォードと言われるくらい、アカデミックでは世界的にトップクラスです。

卒業生からの寄付金はなんと全米一らしいのです。

Stanfordはアメリカの4年制大学の体育協会であるNCAAに属しています。

NCAAは3つのレベルDivision 1,2,3に分かれていて、
(日本の大学野球でいう1部2部3部)

StanfordはDivision 1の
Pacific 10 Conferenceというリーグの大学です。

野球でも一流です。

専用のグランドが3つに、野球部だけのジムもあります。



息子が一ヶ月前にメールを出していたのですが、その返事でした。

9月1日になると、コーチが選手にコンタクトを取れると言うことらしいのですが、、、では他の大学ですでにコンタクトを取ってきていたのはなんでなんでしょうね。
(ジュニアの時は、それが適用されるのですが、息子はもうシニアです)

メールの内容は
「9月1日になり、ようやく君とコンタクトを取リ始めることが出来てとてもエキサイトしている。これから、君とスタンフォード野球部との間でリクルートの過程を進みたいと思っているので、これから君のことをさらに知る為に色々と質問に応えてもらいたい。このメールに君が出来るだけ速く返事をしてくれるのを楽しみにしている、、、」

返事?もう速攻で返事ですよ。

あの天下のスタンフォードのコーチと連絡がつながるなんて、もう興奮です。

事務所の電話に、コーチの携帯の番号まで教えてくれたのは、ものすごい質の高いコンタクトレベルです。

アカデミックだけで入学を試みると、内申書にテストスコアーが満点でも落されるという恐ろしい大学。


野球でとなるとその点は少し緩くなります。
コーチは一応息子のアカデミックレベルは把握しています。


スタンフォ−ド野球では96人のメジャープレーヤーが卒業しています。

そのような大学に入学できるのは夢のようですよね。

今はメールをもらっただけですがら、これからが勝負でしょう。


ただ、ここは費用が高いのです。なんと授業料と寮あわせて年間650万。
年収が1200万以下だと奨学金が出るらしいのですが、財産が3000万以上あると
それも難しいようです。

中流階級には厳しいようですね。

貧しい家庭からの優秀な子供達には機会を与えるという素晴らしい大学です。


ああネイビーアカデミーなら全額無料の上に月10万ほどの給料ももらえると言うのに、、
_(往生際の悪い親)


ネイビーアカデミーのコーチからのメールとスタンフォードの差は、ネイビーは息子のプレイを実際に見てスカウトをしたいとのメール。

スタンフォードは、実際に見たわけでは有りません。
ただ、PGという全米一規模でスカウトが利用するサイトで、息子のショウケースでの数字が乗っているのでそれを参考にするようです。


なので、奨学金を即、オファーすると言うメールではなかったのです。

9月を過ぎてさらに他の2つのディビジョン1の大学からもコンタクトが有りました。

次の記事で詳しく報告します。

ああ、、スタンフォ−ド。。。


ランキングに参加しています.押してくださると嬉しいです
⤵⤵🎵

野球 ブログランキングへ
posted by エース at 11:24| Comment(0) | スカウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]