2015年11月13日

Arizona Fall Classic



Arizona Fall Classicは一年中色々とあるショウケースの中でもスカウトが一番集まるうちの一つらしいのです。

一番のトーナメントは area code gameですね。

それからperfect game all American classic(これはテレビ中継があって、なんと参加した選手の半分がドラフトされるようです) ,Perfect Game WWBA World Championshipなどです。

田舎に住んでいると、情報が入って来ません。

そこで一番のエリートチームでも、 Arizona Fall Classic、Perfect Game WWBA World Championship,には招待されないのです。

area code gameとperfect game all American classic(これはPGに参加した選手から選ばれるようです)はチームではなく個人が推薦される形です。

これにでれる実力があれば、ディビジョン1の大学(しかも、学力も申し分ない所)からの奨学金は保証されたようなものです。

残念ながら長男は、両方とも推薦はありませんでした。

area code gameはトライアウトに行かなかったのにもかかわらず、どこからか聞きつけてスカウトが見に来てくれたのですが、当日84マイルしか投げられずに,アウトでした。


88は必要でした。


自分でPCで色々と検索できる今は幸せでしょう。

アメリカに戻って来て2年経ち,ようやく分かりかけて来たこの頃です。

野球は日本と比べて比較にならないほどビジネス化されていますね。

お金がないとまずエリートチームに入れない,そうするとショーケースやトーナメントにも参加できないのですから。

(ずば抜けた才能を持っていたら別です。エリートチームはそう言う選手を無料で取ってくれます。
ここがアメリかの良い所なのかもしれません。
ただ、個人で参加するショーケースはお金がかかるのでこれは難しくなります。)

長男の話に戻りますが、エリートチームのコーチのコネを使ってワシントンから2チームしか派遣されないうちの一つのチームにコンタクトを取りぎりぎり Arizona Fall Classicに10日前に滑り込みました.

ピッチャーとして行ったのですが、さすが今まで一番スカウトからの連絡が多かったですね。

10以上の大学からコンタクト(ディビジョン1が3つにあとは、2と3です)があったのですが、スタンホードや、本人が行きたいと思う所からは残念ながらありませんでした。

スタンホードのコーチが、このトーナメントに行くと言うので参加したのにも関わらず、メールしても電話しても返答はありませんでした。
(一ヶ月前までは、すかさずあったのにも関わらず。しかも、I am looking forward to staying in contact with you! と言っていなのにですね、、)


いくらディビジョン1でもアカデミックが低い所は行かせたくない、、、
アカデミックでよくでも本人が2、や3だと行きたくない、、はあ、、ストレスですね。

アイビーリーグのブラウンからも、アイビーリーグで野球をしないかとコーチから直接のメールが有ったのですが、GPAはほとんどAで一つがマイナスなので合格なのですが、全国テストで200点たりませんでした。

(本人,全く勉強しないで試験を受けるという論外なことをした結果ですね。
本人?当然後悔しています。2000点取れば良かったのですから。
受け直すことも出来たのに、受け直さなかった本人の決断は、あやまりだったのですね
。ここは、満点の2400取っても5人のうちの4人は落されるというエリート大学ですからね。)

ここは、さすがアイビーリーグ、、。

野球のレベルが低くても、学業では世界的にトップクラスですから!!



親も色々と学びました。

アメリカにきた時に、こういうことが事前に分かっていたらどんなに楽だったかと思います。

このブログがどなたかの参考になればこれ以上の喜びはありません。

幸い,我が家には次男がいるので次男の時は無駄なことをせずに短距離で挑戦することが出来そうです。


ランキングに参加しています.押してくださると嬉しいです
⤵⤵🎵

野球 ブログランキングへ
posted by エース at 04:36| Comment(0) | スカウトショーケース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]