2016年03月20日

高校の野球が始まる

今週から高校の野球が始まりました。

1月からトライアウトに向けて、週に2回地元のエリートチームの練習所を借りてバッティングの練習があり、

2月の末にトライアウト。

昨年は64人が来て半分落されていました。

疎の為か,今年は40人弱が集まり,3人落されたようです。

なんで3人?

そう子供に聞くと
「練習中に怪我をするかもしれないくらいのレベル」だったらしいです。


その点日本は部活は下手でも入部は出来るのでアメリカは厳しいですね。


そして、日本でいえば,一軍2軍3軍と3つのチームが出来ました。

幸運なことは、昨年長男をリクルートしてくれたジュニアカレッジのピッチングコーチが
なんと高校の野球部に来てくれたのです。


彼は長男に
「カレッジでしている練習を今シーズン君に全部教えるつもりだ。そうしたら君は入部したら他の新入部員よりも一歩先に行っているよ」

なんて幸運なんでしょう。

実際、先日の試合では長男初回の立ち上がりが悪く22球も投げてしまい、これでは7回はもたないのではと思ったのですが
ダグアウトでイニングの間にコーチが的確な指摘をしてくれたようです。

2回3回と調子を上げて、7回に、アウト一つまで0でおさえていたのですが、ワイルドピッチをしてしまい1点の失点。

パスボールと期待したのですが,記録はワイルド!


残念。



でも7回投げて7三振1安打に抑えたのは上出来でした。
(アメリカの高校は7回までです)



打席も4打席3安打と絶好調でした。
(次の日の試合はなんと3三振に一安打でしたが、、)

州チャンピオンを狙うチームとしては
今のところ3勝0敗。

この調子で頑張ってもらいたいものです。


次男は、2塁手が投げる時だけ守備につけるようで、代走中心になりそうです。


ただ2軍の試合がある時は次男も場合によっては出してもらえるので、ありがたいことです。
posted by エース at 13:32| Comment(2) | 高校の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いきなりのコメント失礼します。
「ベーブ・ルース・リーグ」で検索していたらこちらのブログに巡り会いました。
実は、私も今から約30年前にアメリカのコネチカット州に父親の仕事の関係で5年間滞在しておりました。
中1〜高校卒業までおりました。
私もアメリカの野球を体験してきましたのでとても懐かしい気持ちでブログを一気に読みました。
当時の私のいた環境から比べると野球を極めるにはとても恵まれた環境になっているなぁと感じたり、ソフォモアでバーシティチームに入れる嬉しさとか涙が出るほど懐かしく良い思い出を思い出させて頂きました。ありがとうございます。
ブログを拝読する限り、長男くんはかなりのタレントを持っているのでしょう。
私の高校時代のチームでもひとりスーパースターがいましたが、マイナーには行けたもののやはりメジャーまでは行けなかったようです。
長男くんの成績や球速は当時のスーパースターよりもかなり上回っており(ま、30年前というのと対戦相手にもよるのでなんともいえませんが)勝手にプロに行けるレベルにあるように感じております。
シニアの今年が勝負の年かと思います。
遠く日本からブログを通じ彼の活躍を応援したいとおもいます。
ぜひ(出来れば頻繁に)更新していただくのを楽しみにしております。
また、次男くんも先が楽しみですね。
次男くんの活躍も期待しております!
これからのシーズンも本格化すると思われます。くれぐれも怪我のないようにしてください。
これからも楽しみにしております。
Posted by 田中 at 2016年03月23日 22:49
田中さん
30年前に息子達と同じような経験をされたのですね。
夫がプロゴルファーになりたかったのですが、両親が夢を追いかけるなという姿勢だったこともあり子供達には夢を出来るだけ長く追いかけることが出来るようにすることが夫の今の夢なんですね。ありがとうございます。『勝手にプロに行けるレベルにあるように感じております。」嬉しい励ましのお言葉ありがとうございます。マイナーになる機会は日本よりも開けているようですが,メジャーはやはり別格ですよね。選ばれし者と言う感じです。一緒に夢を追えることを幸せに思いこのブログを記録と当時に何らかの形でどなたかのお役に立てばと思いながら綴っています。
(アメリカにきた時に情報があまりなかったものですから)
田中さんからのコメントはとても励みになりました。こちらこそ、読んでいただきその上コメントまでありがとうございます。お時間があればまた再訪問してくださると幸いです。

Posted by エース at 2016年03月24日 03:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]