2016年04月04日

スポンジを使わないのね,天気でも野球が出来ないなんて




3月に、19日連続雨という記録を作ったこの地域。。

その弊害が高校野球に。

天気なのに、未だにグラウンドがぐちゃぐちゃで試合が出来ないんです。

日本では、スポンジを使って水たまりをとり、砂をかけてグランド整備をしていましたね。

アメリカのグラウンドはとても柔らかくて、そのようなことをしてもあまり効果がないそうです。

というか、そう言う発想がないのではと思うのですが。


息子達のチームでホームの試合がまだ一度もできていないのは,本当に不利なのですが

なんとシーズンが始まって9連勝中。

負け知らずです。


ここまで来ると、リーグ優勝が視野に入ってきます。

プレイオフは確実ですね。


特に、この3年間勝てなかった2つの4Aチームに勝ったことが多いにチームの自信になります。

しかも、二人のスタメンが怪我でベンチだった中、上出来です。


この二人も来週から復活、ようやく,全員揃っての試合が出来そうです。

ホームでの試合が出来ると良いのですが。

2019年に人工芝の野球場ができるらしいのですが、息子達は卒業してしまう、、、

残念!!
posted by エース at 03:22| Comment(3) | 高校の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人工芝は足腰に悪く、数多くの野球選手がケガをしています。天気には恵まれずとも、土や芝の上でやる野球がやっぱり1番ですよ。
Posted by First Baseman at 2016年04月07日 07:27
First Basemanさん
確かに,環境にも土と芝がベストですよね。
ただ、このノースウエストは雨が多くてせっかくグラウンドがあるのに使えない。野球シーズンは3ヶ月しかないのに、その半分も今年は使えないので歯がゆい思いをしています。日本の皆でスポンジつかっての整備がとても懐かしいです。
Posted by エース at 2016年04月10日 04:04
ジレンマですよね。日本のプロ野球も雨対策でドームや人工芝が多いですもんね。日程問題と選手寿命のジレンマが。。
Posted by First Baseman at 2016年04月11日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]