2016年09月30日

Arizona JR fall academic Game

やりました!!
次男は来月アリゾナに行くことになりました。

一年で一番カレッジのスカウトが集まるアカデミックのショウケースです。

100校以上が集まるこのショウケースは、全国から160名集まります。
アイビーリーグを始め、アカデミックな学校が、このショウケースを作ってほしいとの要望で出来たらしいのです。

せっかく有望の選手を見つけても、学業的に?な場合が多く、効率的に学業と野球のバランスが取れている高校生を獲得したいと言う大学側の要望です。

2014から始まってまだ2年目です。
シニアは前からあったようなのですが、年々スカウトは早くなるようですね。

他のアカデミックとの大きな違いは、高校の成績が3、7(オールAにBがひとつくらいでしょうか)以上が条件なのです。

他のアカデミックは3、4くらいなので、3、7以上を条件のショウケースはこれだけです。

書類選考がありました。

野球の情報はもちろん
地元チームのコーチ、高校の野球のコーチ、高校のカウンセラーのアドレス、と電話を書き込みます。

まず、次男が書類選考で選ばれたのはトライアウトです。


トライアウトでは当日、スカウトの前で色々なテストを受けます。


それで合格した選手のみ、夕方のオールスターゲームに出ることが出来ます。
それは160名のうちの恐らく30名くらいでしょう。

なので、次男はトライアウトの切符を手にしただけなのですが、
このショーケースはトライアウトに出るだけでも価値があるという評判があります。


そして次の日からの3日間は全国から選ばれた70チームが出るトーナメンとが行われます。

我が家の住み州からは何と1チームしか出られない狭き門。

一悶着ありました。
このチームでの参加に選ばれなかった次男。
一度はアカデミックだけ参加して,後はすごすごと帰らなければならないのかと諦めかけたのですが
ネバーギブアップ!!

その過程を次回報告します。

是非参考にしていただければ幸いです。



posted by エース at 02:58| Comment(0) | スカウトショーケース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]