2017年01月19日

D1キャンプ2 リクルートの実態にショック

先日も、隣の州のD1のキャンプに行って来ました。

ここもメールで次男をアリゾナのショーケースで見たのでという招待メールでした。

14名で、内野手は10名、SS 2Bが7名。ジュニアと、ソフモア、フレッシュマンが集まっていました。

コーチは「ここに来てもらったのはリクルートの過程」とはっきり言っていました。

保護者の一人が次男のチームのジャケットを着ていたこともあり話をしたのですが、かなりショックでした。
既に彼の息子はオレゴン,ワシントン、ゴンザガのリクルート過程で
学校内のツアーも済んでいたのです。

今回もすでに一ヶ月前に学校のツアーを受けていました。

それなのにまだ口上のコミットを受けていないというのです。


どんだけお金がかかるのでしょう。

キャンプに参加するだけでも200〜300$です。

今回も、ハワイや、コロラド、飛行機を使って来ている選手も当然います。

我が家も、往復6時間なのでホテルに2泊しました。

飛行機レンタカーが無いだけましですが、お金がかかりすぎです。

ピッチャーの長男は楽でした。
(ショウケースに一回行くと電話で奨学金の話を何校からかもらえたものです)、内野手はそうもいかないということなんですね。

特に次男はパワーヒッターではないので。

キャンプのおかげで、バッティングはとても良くなったと言っていますが、、
それくらいメリットがないと、、既に2つのキャンプに行ったのですから。


ああ、一体何時コミットできるのでしょう。

2つのキャンプに行っても特にコーチからアプローチはありません。

ということは、過程から外されてしまったのでしょうか。

は〜ずば抜けて才能があれば、リクルートは簡単なのでしょうけどそれ以外は大変なんですねえ。

お金がかかります。

スタンホードのキャンプ(アカデミックのショウケーススタイルなのでアイビーリーグなどの名門大学のコーチが30校くらい来るようです)の招待もメールできたのですが、、、

なんと毎年フレッシュマンのうちの半分はこのキャンプでスカウトされるようです。

200名のうち2500名の応募があるようです。
予約前の招待メールをもらった選手は確実に200名の中に受け入れられるようですが
次男を直接見た訳ではないのですよね。

書類選考だけです。
(PGの記録を参考にしているとは思いますが)


何と、3日で999$ですよ。
これに飛行機レンタカーにホテル、、、
やってられまれませんよね


参加してもスカウトされるかは分からないし、恐らく又各学校のキャンプに呼ばれるのでしょう。


なので参加は泣く泣くしないことにしました。


次男は、D1の才能はあるかも知れませんが、、D1300校のうちのトップレベルではないのは
残念ながら分かっています。


コミットが春までになかったら
夏にアカデミックのショウケースに行くことになるでしょう。

7月に行われるようですが既に招待メールが来ています。
(招待と言ってもあやしいものですが)


次男のD1コミットの道は険しいようです。

posted by エース at 02:41| Comment(5) | スカウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやはやお金が大変そうですね。とはいえ、お子さん2人共ディビジョン1レベルというのは本当にすごいです。日本なら恐らく甲子園〜プロ注目レベルではないですか。
Posted by Firstbase man at 2017年01月29日 23:55
Firstbase man さん
コメントありがとうございます。
日本なら.学校がしてくれるのでしょうが,アメリカは学校によりけりです。確かに長男はD1レベルなのですが次男は微妙です。リクルート過程で落されたのではという気がします。なのでアカデミック(300校のうち,200以下のランキングが多いのです)にしぼって対策を打たなければとあせります。甲子園、、、憧れですね。長男の元チームメイトは誰も甲子園にいけなかったので,厳しさを痛感しました。運もありますからね。
Posted by エース at 2017年01月30日 02:17
Firstbase man さん
コメントありがとうございます。
日本なら.学校がしてくれるのでしょうが,アメリカは学校によりけりです。確かに長男はD1レベルなのですが次男は微妙です。リクルート過程で落されたのではという気がします。なのでアカデミック(300校のうち,200以下のランキングが多いのです)にしぼって対策を打たなければとあせります。甲子園、、、憧れですね。長男の元チームメイトは誰も甲子園にいけなかったので,厳しさを痛感しました。運も必要ですからね。
Posted by エース at 2017年01月30日 02:18
こんにちは。私もアメリカで野球をしている高校生の息子が2人いるので、おっしゃることよーくわかります。大学から野球の奨学金もらうために、1年分、またはそれ以上の学費に相当する額の投資が必要ですよね。しかもそれが意味のある投資なのかどうか、よく分からないところが辛いです。うちは夏のショーケースでかかった飛行機代、ホテル代、レンタカー代で稼いだマイルで日本往復チケットをゲットしました。
息子さん、大好きな野球を大学でも続けられるといいですね。大学探しは結婚相手を探すようなもの、って言ってたお母さんがいました。私も同感です。
Posted by Bouillon at 2017年02月06日 03:24
Bouillon さん
おお〜息子さん二人とは我が家と同じですね。
是非リクルートのアドバイスや、良いショウケースがあれば教えていただけると幸いです。日本往復ですか!かなり時間とお金がかかったのですね。
ありがとうございます。Bouillon さんの息子さん達も是非ショウケースの努力が実りますように。
Posted by エース at 2017年02月06日 04:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]