2017年06月03日

初の号泣

長男、後一つでチャンピオンシっプに進むと言う大事なゲーム

4回まで8対2と勝っていました。

この調子だと、行けると誰もが思ったでしょう。


ところが先発投手が
乱れ始め、何とここで長男引き継ぎ。

大事な試合に使ってもらい、勝ち投手にもなれる立場です。


初めのイニングは一点追加してしまったのですが、これは前の投手の出したランナーでした。

8対3。

次のイニングを無事に投げきれるだろうと思ったのに、、最悪な結果に。

2アウトまではスムースに行ったのですがその後が問題です。

2個の四球にくわえ、ワイルドピッチ、ランナー2、3塁。
流れが変わってしまう最悪なマウンドです。

さらに2塁の牽制がミスに。


なんとランナー二人がホームに帰り、あっという間に8対5です。

その後も4球にヒットをうれ満塁のピンチに。

さすがに投手交代。

何と次の投手も、その次もみだれ、、結果は12点まで取られてしまいました。

1点追い上げ結果は12対9で負け。

野球は最後まで分からないと言いますが、かなりのショックです。

長男、野球を始めて色々な経験をしましたが、これは恐らく一番のショックだったのではと思います

特にシニアは最後の試合になってしまい、チャンピオンシップの枠まで登れば、4年生のスカウトやプロのスカウトが100人くらいは集まる前出試合が出来たのですね。

長男はまだ来年あるのですが。

電話で話しても途中で号泣。

こんな事は今まで初めてです。


親としては,,,この経験でどうか精神的に強くなってくれればと願ばかりです。
posted by エース at 02:26| Comment(0) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]