2017年12月30日

続けることができるのは幸せ

長男の高校からのチームメイト1人と、3人のサマーボールの仲間が今年野球をやめました。

年々仲間が少なくなっていきます。

一年大学で野球をした後、二人が怪我をしてあとの二人は理由はわからないのですが、一人はカットされたということでした。

このうちの3人はとても野球が好きで、クラブでの練習がない時は、高校の球場で何人かで集まりいつも野球をするくらいでしたから。

怪我をした一人は、進んだコミュニティカレッジが合わなかったようでやめたようです。

いまはどこにも所属せずにプライベートの練習場に通っているそうです。

その彼は、高校生の時でも冬のトレーニングの欠かさずに参加していました。

何年も彼が少年から青年に成長するのを見ていただけに胸が痛みます。

野球の神様がいるのなら、是非とも彼があと3年何処かで野球を続けられますように。

長男も野球ができる環境がある限り、感謝して全力で頑張ってもらいたいものです。


posted by エース at 04:17| Comment(2) | アメリカのチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よーく分かります。上へ行けは行くほど、昔からの野球の友達が減っていくんですよね。
ですから、その分まで頑張って欲しいんです。一日一日を大切にして。
Posted by Jay at 2017年12月31日 02:32
Jayさん
やはりそちらもそうなんですね。来年も減ってしまうのかなと思いながら、本当に大切にして取り組んでもらいたいですよね。遅かれ早かれはめる時は誰にでも来るのですから。
Posted by エース at 2017年12月31日 03:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]