2018年06月06日

Senior all stars game MVP


高校野球もプレイオフで2試合勝ち進んだものの、それ以上勝ち上がることができませんでした。

なんとコールド負け。

最初のエラーはライトの選手が、太陽の日が目に入ってボールを見落としたのです。

10年以上野球していれば、グラブで日をよけてボールを見る技術は外野手は身に着けているはずです。

アメリカでは、サングラスを使うこともできます。

そしてこの選手は、、、シーズン中の試合でも2回も同じ過ちをしているんです。

そして、プレイオフの試合でも、、、なんとこの日に限り、5回もボールがライトに行き、、その中でも2回、、ボールを見落としました。

フレッシュマンなので、州の大きな試合に勝ち進み緊張したのかもしれませんが、他にも外野ができる選手は沢山いるのになぜかその選手はライトが定位置でした。

控えの外野手の選手はたまったものではないでしょう。

自分よりもできる選手が試合にでるのなら、応援するでしょうけれど、、、。


ひいきが横行している野球部、、ようやく終わったという感じでしょうか。

息子は4年間レギュラーで、最後の2年はショートを守り、リードオフで全試合に出してもらった親としては感謝しかないはずですが
あまりにもひいきが横行していて、ほかの頑張っている選手の日の目がでず、、、

本当に腹が立ちました。


ひいきについて語るとしたら、、何ページもかかるので、、今日はやめておきます。



高校野球の最後の伝統として、地域の12校のシニアが選ばれ、試合が行われました。

夏のトラベルチームや、エリートチームで一緒だった選手の顔が何人もいて、とても楽しい試合です。

その中で大学で野球をするのはとして4名だけで、あとの選手はこれで高校最後の試合です。

なので寂しさも混ざる日でした。

息子はこの日は調子がよく、5打数4安打でMVPをいただきました。

この結果、この試合で10名が今週末に行われる州のオールスターに選ばれたようです。

実は長男も2年前に選ばれたのですが、なんとその日は卒業式と重なり、参加しませんでした。

次男曰く、僕はもし卒業式が同じ日だったら、試合を選ぶよ、と言っていました。

次男の方が野球に対する姿勢が熱いのでしょう。


以前、大谷選手が目標を設定して、その目標にたどり着くまでの表をネットで公開していて、すぐに自分のものを作ったのは次男でしたが、
長男は、、、いまだに作っていないようです。


こういうちょっとしたところでも、本気度でますよね。

次回は、長男の進路についてブログアップしようと思います。






posted by エース at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

次男が大学でも野球を続けることができそうです

次男の今シーズンは本当に頑張っています。

必死だと、野球の神様がいつもよりも見ているような気がします。
シーズン半分が過ぎました。打率518、ホームラン3と昨年の打率386、ホームラン0と比べると格段の差です。

私たちが住んでいる地元の州の1Aから4Aすべての高校のなかで一位が6本のホームラン。
さすが彼はオレゴン州大に決まっています。

次は4本が3人、当然それぞれD1コミットしています。

そして3本が5人。そのうちのシニア2人は一人がD1もう一人が次男がコンタクトを取ってる大学にコミットしています。


あるホームの試合で次男は地元の新聞のインタビューも受け、何とスポーツ欄の一面に次男の記事を載せてくれました。

実は1月に地元の2年制の大学のコーチに連絡してキャンパスツアーもし、両親も来てくれと言われいったものの、その場でサインの提示がなく、、実際の試合を見てからサインしたいと言われていました。

コミュニティーカレッジなのですが、レベルが高く今年の一年生の6人はシーズン前にすでにD1コミットしているので、敷居が高いのですね。

しかも2018年のサインはもう11月に終わっています。

なんとかその中に食いこむには、よっぽと頑張らなければということなのでしょう。

普通に大学を受けてトライアウトを受けるという選択はとりたくないようでした。

そんななか、こまめにコーチと連絡を取るように次男にはアドバイスをしていました。

新聞がでたその週にコーチから電話があり、是非うちのプログラムに来てほしい。

とありがたい言葉をやっともらいました。

実際にコーチは次男を見に来る時間がなかったのですが、もう見なくてもサインしてくれるということです。

D3のオファーをけって、コミュニティカレッジの野球部で頑張りたいという次男の希望がかない親としても嬉しい限りです。

これからの2年でどれだけ頑張れるか、楽しみが増えました。





posted by エース at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

次男のやる気はコーチのおかげ

一月から受付のショウケース、、人気な3大アカデミックショウケースです。

65校の大学のコーチが集まるケースでとても評判が良いようです。

我が家から車で10時間くらいでいけるので、ショウケースの値段は高いのですが,交通費が大幅に節約出来るんですね。

でも、サマーリーグと試合がかさなっているので受付をしませんでした。


夫はなんと始まる2週間前に既にウエイティングリストなのに何となく応募してみると、ショウケース始まる5日前に一つ空きがあると連絡がきて,急遽参加する事にしました。


ショウケース、とても効率がよく4試合あるのですが大学のコーチがそれぞれ4人もダグアウトに入ってくれます。

これだけで,相手チームを含め8人のコーチの前で試合が出来る訳です。

4試合とも相手チームは同じですが,コーチが変わるので、二日間で32人のコーチに試合を見てもらえる事になります。

そのうえ、すべての試合が同じ施設なので65校のコーチがまんべんなく選手を観察出来るようになる訳です。


しあいの合間に、プリンストン、スタンホード、M1T、ジョウジタウンのコーチがリクルートについてのスピーチをしてくれました。


そして一つの試合で、カルテックのコーチがダグアウトにいたのですが次男に
「今日君はとても良くプレーをしたよ」

と話してくれ,その後次男は色々と大学についてコーチの質問が出来ました。
こういう機会がもてるのはほかのショウケースと違う所です。

次男の全国テストの結果は1300。何回か取る事が出来るのですが本人は取る気がありませんでした。

でもカルテックのコーチが「1300は恐ろしい点ではないけど,,カルテックにくるんだったら1400が理想だよ。」

この一言で、次男家に戻り次第なんと勉強を始めたのです。

今まで一度も全国テストに向けての勉強はしたことがなかったのに!


おおコーチ、あなたの一言は親の1000回の言葉よりも次男に響いたのですね。
(去年,連れてくれば良かった、、、)

子供は親よりも他の大人の言葉を受け取るのが好きだと言うのは今始まったばかりではないのですが、
同じことを言っても,,,成長過程でこういう事は何度もありましたっけ。


なにしろ、やる気を起こさせてくれただけでもこのショウケースに行った価値はありました。
posted by エース at 02:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。