2017年07月12日

長男サマーリーグ昇格

長男、サマーリーグでのピッチングはあまり良くないと思いました。

2試合で防御率8、2ですから。

でも三振は13個。

ある試合から戻って来て、ブルージャケット(チーム名)は今日で終わったよ。

と言うので首になったのかと思いきや、他のチームに移ったとの事。

夫曰く、シングルからトリプルに移るようなものだと大喜びです。

所謂リーグがウエストコーストのD1が参加する大学野球のサマーリーグらしいのです。

カレッジのコーチが2刀流の長男はシーズン中に当番数が普通の投手よりも少ないので、レベルの下のリーグから始めさせたかったようです。


三振の数が多かったので、レベルアップが承認されたようです。

防御率は守りのレベルでかなりさがつくようなので、サマーリーグは防御率よりも三振の数に注目しているようです。

上のリーグは、待遇も違います。

前のリーグは,観客は家族と,地元の犬の散歩の人くらいでしたが今のリーグは毎回1000人くらいの観客が見に来てくれるようです。

これは張り合いがありますね。


そして移動はなんとトイレつきの専用バスなので、今までのように個人の車で移動するよりも、断然楽になります。
ガソリン代も、リーグが出してくれるので経済的にもたすかります。


色々なD1からの選手と同じチームになり,情報交換も楽しいようです。

上のリーグでの始めての試合は2イニングのリリーフでしたが、3つの三振を取って0におさえ,上出来のスタートを切ったようです。

次男の試合があるので長男の応援に中々行けず,歯がゆい思いです。

同じチームで試合をしていた時は幸せだったなあとしみじみ思います。

カレッジのチームメイトはそれぞれの過ごし方をしているようで、サマーリーグに参加せず、バッティングの練習に励んでいたり、野球はせずに仕事をしている人もいます。

昨年のフレッシュマンの一人はすでにチームから離れました。

コーチからの信頼を得られなかったとか、、、。

長男,こうして好きな,,と言うより清宮選手が言ったように愛している野球を、、本当にそうなんですよね。

好きどころではないんですよね。心底愛しているからこそ続けられるんだと思います。


その野球をこうして続けられる事に本当に感謝ですね。



posted by エース at 02:04| Comment(0) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

初の号泣

長男、後一つでチャンピオンシっプに進むと言う大事なゲーム

4回まで8対2と勝っていました。

この調子だと、行けると誰もが思ったでしょう。


ところが先発投手が
乱れ始め、何とここで長男引き継ぎ。

大事な試合に使ってもらい、勝ち投手にもなれる立場です。


初めのイニングは一点追加してしまったのですが、これは前の投手の出したランナーでした。

8対3。

次のイニングを無事に投げきれるだろうと思ったのに、、最悪な結果に。

2アウトまではスムースに行ったのですがその後が問題です。

2個の四球にくわえ、ワイルドピッチ、ランナー2、3塁。
流れが変わってしまう最悪なマウンドです。

さらに2塁の牽制がミスに。


なんとランナー二人がホームに帰り、あっという間に8対5です。

その後も4球にヒットをうたれ満塁のピンチに。

さすがに投手交代。

何と次の投手も、その次もみだれ、、結果は12点まで取られてしまいました。

1点追い上げ結果は12対9で負け。

野球は最後まで分からないと言いますが、かなりのショックです。

長男、野球を始めて色々な経験をしましたが、これは恐らく一番のショックだったのではと思います

特にシニアは最後の試合になってしまい、チャンピオンシップの枠まで登れば、4年生のスカウトやプロのスカウトが100人くらいは集まる前で試合が出来たのですね。

長男はまだ来年あるのですが。

電話で話しても途中で号泣。

こんな事は今まで初めてです。


親としては,,,この経験でどうか精神的に強くなってくれればと願ばかりです。
posted by エース at 02:26| Comment(0) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

メジャーリーグ,ドジャースのスカウトが大学に!

長男が昨日電話をくれました。

電話をして来るときは大抵、良いニュースが多いのです。


野球部の練習には多くのスカウトが見に来るようになったそうです。

昨日はドジャースのスカウトが二人来て,コーチに7人の選手をリストアップしたから
その選手を見せてもらいたいということでした。

その中にフレッシュマンの長男が入っていたようです。

これには本人も私達も驚きました。

なんといっても防御率45から始まり、12、9、6、4、と投げる度に防御率はよくなった
とはいえ、誇れる内容とは思っていませんでした。

ただ、リーグの一番手の7選手が3割と言うチームに9回完投した事が良かったのでしょうか?

打率も下がりまくり、2割4分です。
ホームランはたったの2本。

何がリスト入りのポイントかさっぱり分からないのですが,本来なら高校生なので、若さからでしょうか?

スカウトが来てした事は、ベースから一塁までのダッシュと、外野からの送球、マウンドでの投球、
それからバティングです。

バッティングは2本フェンス越えをしたようです。(多いのか少ないのかわかりません)

そして投球は91Mでした。

今まで,最高で88Mだったので一番この点が本人が嬉しかったようです。

D1の基準が87Mらしいのです。

プロの基準は分かりませんが、当然一定の速さだけでなく質が大事なんですよね。

ちなみに今年の9月に行われたジュニアカレッジの新2年生向けのショウケースは91M以上の投手は200名以上の中で3名だけでした。
85M以上は7名。

これがD1だと、うじゃうじゃいるのことでしょう。

テストの後の評価で、バッティング、外野からの送球、マウンドでのピッチと、
とても褒めてもらったようです。(皆に褒めている可能性はありますが)

10歳頃から、プロになりたいと夢を持っている長男追える所まで追い続けて良いよ,親は応援するよ。

後から大学に戻っても決して遅くないし何よりもたった一回の人生。

後悔する事がないように一生懸命一日を大事にして過ごしてもらいたいものです。
posted by エース at 02:03| Comment(0) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする