2018年01月26日

次男の方向転換

次男は何校からかD3の大学から野球の誘いがあり、その中でもアカデミックのバランスのよい大学に行こうと決めかけていたのですが土壇場で気持ちが変わりました。

長男はD1からの誘いが10校以上あったのですが、地元のコミュニティーカレッジに進んでいます。
すでにそのチームは昨年6名がD1にすすみ、長男のチームメイトの4名はすでにD1にサインしています。

長男、、思ったよりも伸びていないのですね。
なのでサインはまだしていませんが、コーチは何校からかコンタクトはあり、サインはこのシーズン次第ということらしいのですね。

それを見ている次男。

自分もD1からの誘いがあると思っていたのになかったため自信を失っていたのでしょう。

私が聞きました。
「ねえ、まえからD3に行くのならコミュニティーカレッジに行くと言っていたじゃない。どうしたの?」

次男
「2年そこに行って、強くなれなかったら、、、無駄になる」


「何事も無駄にはならないよ。経験を積めたことになるし、試してダメだったらそれはそれで後悔しなくていいというメリットもあるじゃない。2年一生懸命好きな野球をして、それでも変わらなかったらアカデミックにしぼって大学に進むこともできるし。D1にいったら1,2年生はドラフトをけってきているのなら別だけどほとんどベンチだからね。」

そういうと一晩考えて次の日に
「コミュニティーカレッジに行く」
と言いました。

GPAが3,98ありAPも取れるだけとり4年間勉強をとても頑張った次男。
コミュニティカレッジは学力は関係なく誰でも入れます。
なので夫はもったいないと言いました。

大学にアカデミックで入って、野球部にトライアウトすればいいともアドバイスをしたのですが
次男の心は決まっているようでした。

ただ、コミュニティカレッジの野球部のサインはすでに昨年の11月に行われました。

なので今から探すとなると、あているスポットに入り込むということなのでかなり厳しい状態でしょう。

長男のようにピッチャーだと、どのチームも選手枠の50%がピッチャーにあるのではっきりいても今年の夏でも入り込むことは可能ですが、内野手は限りがあります。

すでに長男のチームは次男のことを昨年聞いてきてくれたのですが、行く気はないと返事をしてしまっています。

コンタクトを取ったのですが、すでに3人内野手をサイン。
一応今年の春様子を見て何か起きたら連絡すると遠回しのお断りの返事をもらいました。

急いで、探さなければいけません。
長男から内部事情を聴いているので、3校ほど縛ってコーチに連絡を取ることにしました。

次男はお気楽で、もしどこも行くところがなければギャップイヤーにすればいいと夫が提案したのですっかりリラックスモードです。

まあ、特にどの大学に行きたいとか、何を専攻したいとかがいまだに自分でもわからないというのですから
それでいいのかもしれません。

夫も20歳で大学に行きD1の野球部にトライアウトで入り、化学エンジニアになったという経緯もあり、私の兄も経済学部から医学部に入りなおすなど方向転換をしているのでDNAかもしれません。

次男の選択を尊重することにしました。




posted by エース at 05:30| Comment(2) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

長男のチームメートD1コミット


秋の大学のショーケースで6人参加したメンバーのうち3選手がD1にコミットしました。

長男は、残念ながらいくつかのD1チームからコーチに電話があったそうですが今の段階では様子を見ようということでした。

春の活躍を見てから判断すると。

そりゃあそうですよね、肩の具合が悪く投球もできず、外野からの送球も見送ったのですから。

60ヤードとバッティングだけの参加でした。

そんな状態でショーケースに連れて行ってもらっただけでも不思議です。

もう一人のℍ選手はパワーもあるのですが守備が一塁だけなんですね。

コーチがいうにはD1は一塁手はすでにたくさんいるので、ドラフトで抜けるという可能性しか残っていないからD1コミットをしたかったら、
今年は外野手に転向する方がいいかもしれないとアドバイスがあったようです。

このコーチは本当に選手を次のレベルに送ることに勢力を尽くしてくれるのでチームの選手から本当に愛されています。

ティーボールからボールを打った際のボールのスピードが
平均で90を上回ったのはチームでは長男とH選手の二人だけだったと報告がありました。

長男は昨年よりも1マイル上がり95マイル,H選手はなぜか昨年は103マイル(すごいですよね)だったのが今年は98マイルだったそうです。

コーチは期待してくれているので何とかこの春に結果を出してもらいたいものです。

H選手は長男ともルームメイトでとてもさわやかな青年。
6フィート4もある立派な体格です。


あと一人の選手はK内野手です。

彼も内野の速度は86マイルというのですから、立派なものです。

次男は今年の夏はまだ81マイルでしたから。

K内野手も、頑張ってもらいたいものです。

ジュニアカレッジは2年しか勝負がないのですから。

ちなみに昨年の選手のフレッシュマンはドラフト選手で地元のパック12のD1コミットをけって
ジュニアカレッジにきたのです。

さすがホームランを7本、RBIを50以上、バッティングアベレージも4割ちかくの大活躍でしたから、すでにフロリダ州の大学に移っています。

結果を出すと道が開けるということですね。





posted by エース at 06:21| Comment(2) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

ジュニアカレッジのショウケース


今週は長男の所属するジュニアカレッジのスカウトの日と、
28チームのうちのピッチャーとポジションプレーヤーが各大学のコーチの投票で選ばれた選手(各リーグから16名と12名のピッチャー)が参加するショウケースがあります。


昨年長男、、あまりぱっとしない成績だったので
ショウケースに出られてなくても驚かないよねと夫と言っていました。

投手としては防御率が3,5全体のリーグ以外だと6くらいに跳ね上がります。

90マイルくらいの速さなのですが、、、あまり良い結果ではありませんでした。

打者としてもリーグだと350なのですが全体では285くらいでしょうか。

ぎりぎりだと思っていたのですが、


本人は本当に楽天家で絶対選ばれるに決まっていると、、、。


コーチは数人チームから参加させると言っていました。

5か前に告知されて、ありがたいことにチームから7人選ばれた中に入っていました。

二人が投手で5名がポジションです。

長男、、

投手としては登録されていないので、投げることはないのでしょうか。



その日は4大のコーチとメジャーリーグのスカウトが70名くらい集まるようです。


良い結果が出せるといいのですが。




先日のカレッジのスカウトの日は上出来でした。

スカウトは24名くらい来てくれたそうです。

60ヤードを6,75で走り、(7秒以下だと評価が高いそうです)
24打席のうち4本さく越えしたと報告してくれました。


昨年は足の付け根を張り切りすぎて痛めて60ヤードに参加できず、
さく越えも1本だけだったのでかなり
レベルアップしたのでしょう。

サマーリーグでD1の選手と一緒に過ごした経験はとても貴重だったようです。



良い結果を残すとすぐに電話をしてくれるので、、、電話が来ることを今から願っています。


それにしてもショウケースにお金を払わなくてもよいのはありがたいことです。
posted by エース at 03:14| Comment(2) | 大学野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする